講師プロフィール

講師:Gary Walker(ゲイリー・ウォーカー)

歌手・プロデューサー・作詞・作曲家、ヴォィストレーナー
出身:米国、ペンシルバニア州 ペンシルバニア州立大学卒

11歳でバンド「Gary Walker and the All Stars」を結成。
中学校入学と同時にゴスペル、クラシック、ブロードウェイ等、彼にとっては未知のジャンルへの挑戦を始める。この頃に黒人男声合唱団に所属教会(Pane A.M.E. Church)のメンバーとともに最年少で参加。

高校へ進学後、クラシック音楽の勉強と本格的なボイストレーニングを開始。
ボイストレーナー(講師)は「メトロポリタン・オペラハウス」所属オペラ歌手Murrel Stuzmen氏。

高等学校最終学年にてペンシルバニア州立大学に音楽奨学生として迎え入れられる。
大学卒業後、再び兄ダンと共にダンスバンド「Son Light Band」を結成。ボストンからフロリダまでの西海岸地域をツアーし、各地で動員記録を更新するという偉業を成し遂げる。
ジャズバンド「Jazzmen」にボーカル担当として参加。後にバンドは「Oasis」と改名しジャズからR&Bへと路線変更。Oasisは西海岸のナイトクラブを中心に活動。

ジャズ系ソロ歌手としての活躍が中心となる。また、楽曲提供やプロデュース活動を開始する。自身もソロ歌手としてピッツバーグを中心に活動。ラジオ局WWVAの番組へのレギュラー出演を果たす。

番組はウェスト・バージニ ア州のキャピタル・ミュージックホールから毎週生中継され米国、カナダまで放送された。この番組で著名なレイ・チャールズ、チャーリー・プライド、オーク リッジ・ボーイズ、Jannie Fricki, Mandrel Sisters, Gary Morris, Lee Greenwood、ジェリー・リー・ルイス等との共演を実現。そして、この頃レイ・チャールズ氏に認められ、後に氏のオープニング・アクトに採用される。

講師プロフィール

講師:J’Nique Johnson(ジニーク ジョンソン)

ジニーク ジョンソンはミドルテネシー州立大学で音楽を学び卒業後、広いジャンルと作詞作曲の経験、そしてクラシカルトレーニングと音楽論の知識を生かし、ボーカリストとして活躍し、ボーカルコーチとして多くアーティストや生徒を育成する。

幼少期はいくつかの聖歌隊に参加していた為、声楽のハーモニーに必要な“よい耳”を持ち合わせている。スタジオでの経験も豊富で、楽曲作成、編曲も得意とする。またダンスやブロードキャスティングなどの経験もある。今回はゲイリー・ウォーカー氏の紹介にて日本でのボーカルコーチとして来日、多くの日本人生徒から支持を受ける。

経歴

  • ソニー TVコマーシャルにて “Jesus Loves Me” や ”This Little Light of Mine”を10歳で歌う(1999)
  • McGavock Comprehensive High School’s Show Choirに参加 (2005-2007)
  • The MTSU Concert Choraleに参加(Spring2011)
  • The MTSU Women’s Choraleに参加(Fall2011)
  • Member of The MTSU Performing Arts Company(Spring2006-Fall2011)
  • MTTV NEWSにて、レポーター、お天気お姉さんとして活躍(Spring2010-Fall2011)
  • The MTTV Show “Janard’s Christmas Special” 3年連続ゲスト出場

 

関連サイト

ページトップへ戻る